シリーズ

路線バスのなかで淫語クリトリスオナニー♡

路線バスの中で淫語クリオナ

 

とある夜、私はいつものように、最寄駅から自宅までの路線バスで帰路に着いていた。

 

はぁ、今日もいちにち仕事疲れたなぁ…。

仕事終わりのバスってついついボーッとしちゃう。乗り過ごさないように注意しないと!

自宅は最寄駅からちょっと遠めなので、ついウトウトしていると通り過ぎちゃうんです。

 

見た目はマジメなOLな私。今日もキレイめオフィスカジュアルに身を包み、きちんと感のある装いをしています。

同僚からも、普通にマジメ、可もなく不可もなく、な評価を得ている、いたってフツーな会社員。

 

でもそんな私の裏の顔は・・・ドスケベクリトリスフェチ・変態淫語オナニスト♡

暇さえあればクリオナ妄想に励む、クリトリス中心の性癖をもつ恥ずかしいエロクリ女子なのである。

特に、公衆の面前で盛大にガッチガチのクリボッキアクメをキメてしまう、公共交通機関クリオナニー・シチュエーションには目が無いのだ。

 

 

わたしは、今日は少し短めのOLスカートを履いて出勤していたので、おまんこのムレ臭がしてこないかちょっと気になっていた。

仕事中、オフィスでエロいクリいじり妄想をしていると、だんだんとおまんこが濡れてきて、性器が汚れてしまう。
そして、パンツの上からでもムワンッ♡と豊潤なメス臭が香ってきてしまうことがあるのだ。

 

おまんこメス臭・・・。おしっこ、恥垢、ボディソープ、サラサラの体液、それらすべてが混ざり合ったような、独特なドスケベ・フレグランス。

はぁ・・・いっつもエロいことばっかり考えてるから、おまんこメス臭が半端なくなっちゃうよ・・・。
でも・・・私、自分のおまんこメス臭かぐと、ちょっと興奮しちゃうんだよね・・・♡

きょうのまんムレ度、こっそり今、バスの中でチェックしちゃおうかなぁ・・・?♡

 

 

私はいつも、バスのいちばん後ろの席の右端に座る。ここからだと、車内全体を見渡すことができる位置だ。

ほかには乗客が2〜3名ほど、私の1列前の左斜め前に男性サラリーマンが座っている。

 

 

エロい企てが頭に浮かんでしまった私は、後部座席でひとりニヤニヤとほくそ笑んだ。

完全に、悪巧みエロ・スイッチがONになってしまったのだ。

 

 

ドスケベ妄想にニヤニヤをおさえきれないまま、スススーーーーーッ・・・と、ゆっくりゆっくり、左足を外側に開ききっていく。

あっ、足開いちゃう♡ バスの中なのに!

オマンコ大陰唇もいっしょにくっぱぁーーーー・・・って、開いていっちゃう♡!

あぁっ、あっあっ♡ 公共交通機関なのに、マン臭ひろがるようなドスケベポーズとっちゃうの、私っ・・・♡?

 

いまや、短めのOLスカートは太腿の真ん中くらいまでズリ上がっています。
正面から見たらパンツが丸見えになっているはず・・・。

ただ、前の席の背もたれはけっこう高さがあるので、私の下半身が前から見えないよう死角にしてくれている。
だから、簡単に乗客にはバレないの。

でも、バスの運転席には、後ろ座席を見渡せるミラーがついている。
そのミラー越しにこの格好を見られたら、確実に「変態女」と認定されるだろう。

 

んんっ・・・ミラー越しに運転手さんと目が合っちゃったら・・・どうしよう・・・♡

あっいけない・・・こんなドスケベポーズ決めてたら、パンツの下のいたずらっ子クリトリスがだんだん元気になってきちゃった・・・♡

無邪気なクリトリスは、エロい気分になるとすぐ、ピーーーン!と起立。
「もしかして触ってくれるの?」と主張してくるみたい。

両足をパックリ開脚したまま、パンツのクロッチの中央すこし上あたりに、小さな肉突起がぽちっと膨らんできた。
その元気なエロ突起は元気にヒクヒク上下していて、側面にささやかなエロい影をつくっています。

 

クリちゃん・・・そんなに焦らなくても大丈夫だってば♡

もう私、公共交通機関でこっそり、突起クリクリする気まんまんだよぉ・・・っ♡

クリトリスが悦びを表現するかのように、ヒクヒク!とパンツ越しにうなずいた。

 

 

ま・ず・は・・・・

私のメスおまんこ臭、バスの中でしっかりチェックしちゃわないとね♡

 

 

私は両足をカパッと開脚したまま、骨盤を少しだけ前傾させて、クリ突起をバスの座席シートにギュッと押し付けてつぶすような姿勢になった。
青色の座席シートは、すこし素材がザリザリしている。指でなぞるとけっこう凹凸がある感触だ。
そこに勃起クリ突起、押し付けて前後に動かしたら、クリちゃん気持ち良くなりそう・・・♡

 

私は、公共交通機関でクリトリスをいじろうとしている背徳感で頭が真っ白になりそうな興奮をおさえながら、刺激を待ちわびているクリをうずうずさせた。

いくよ・・・?
このエロ肉突起を座席で押し潰して、おまた全体で快感味わっちゃうよ・・・?
あぁ・・・っ・・・♡ いくっ・・・いくよ♡???

腰を・・・このまま前後に動かしてっ・・・♡

 

 

ザリザリザリッ♡ ザリザリザリッ♡ ザリザリザリッ♡

 

 

あぁはああああぁああぁぁぁ〜〜〜〜〜・・・♡

バスの座席でお豆ザリザリ・・・お豆がたまんない〜〜〜っ♡♡

 

 

ダメぇっ・・・私・・・公共交通機関専用の変態オナニークリトリスになっちゃう〜〜〜・・・♡

運転手さんがミラー使って、私がドスケベクリ擦りしてるところ、発見しちゃうかもしれないのにぃ〜〜〜〜・・・♡
クリこすりっ♡クリこすりぃっ♡

あぁ〜〜〜ザリザリエロクリ座席こすり・・・やめらんない〜〜〜♡

この凸凹のザリザリ感がエロ豆亀頭いい感じに刺激してぇっ・・・布団とか枕に擦り付けるよりも・・・お豆快感がつよぃよぉ〜〜〜〜〜・・・♡

 

クリトリスと一緒に、おまんこ大陰唇、おまんこ小陰唇、そしておまんこの入り口もぜんぶ座席にこすりつけてるから、きっと、ムワッとしたメス臭がシートにしみついちゃってるぅ・・・!

ああっ・・・もっとメス臭擦り付けたいっ。バスの中にマーキングしたいっ!

おまんこでバスにマーキングっ!公共交通機関におまんこマーキングぅっ!!!♡

 

 

ザリザリザリッ♡ ザリザリザリッ♡ ザリザリザリッ♡

 

 

絶対おまんこ臭になってる・・・シートが絶対おまんこ臭になってる・・・♡

あぁ〜〜もうダメ・・・押しつぶされたクリトリスがピンポイント刺激ほしがってる。

ザリザリじゃなくて、お指コリコリのするどい物理刺激、私のドスケベエロ豆芯がほしがってるぅ・・・♡

あぁ・・・!もう、クリトリス淫語止まんない♡

ドスケベクリトリス用語を脳内に満たしまくって、脳汁ドバドバ・クリシコオナニーに励みたいぃっ♡!!

 

あぁ・・・メス臭レベルチェックしたい・・・。座席の匂いかぎたい・・・。

私はゆっくりと立ち上がり、床に落としたものを拾うかのような演技をしながら、座席の上に鼻を近づけました。

クンクンクン。

 

あぁ・・・ぁあ・・・おまんこぉ〜〜〜〜〜〜〜〜♡♡♡

おまんこだぁ・・・♡ シートからおまんこの香りがするぅ〜〜〜♡

私・・・公共交通機関の座席に、おまんこメス臭でマーキングしちゃったんだぁ〜〜〜♡!!
ドスケベエロまんこ、この変態っ・・・♡♡♡

 

おまんこ汁、バスの座席に染みつくくらい、しっかりにおっちゃってたんだ♡

バスの中に、メスアロマ撒き散らしちゃったんだ♡ みなさん、すみません♡

 

脳味噌もクリトリスも、だんだんとドロッドロに完熟してできあがってきたので、私は無謀にも、公共交通機関クリシコに挑むことにしました。

クリシコ開始の儀式として、バスの走る音でかき消される音量で、ブツブツと、誰にも聞こえないようにいやらしいクリ淫語を口に出してみました。

 

 

「公共交通機関でクリシコします・・・私は今からバスの中で豆シゴきまくってクリシコオナニーしちゃいます・・・」

 

ゾクゾクゾクッ♡

ああ・・淫語実際に口に出すの、クリトリスの先っぽにキクぅっ♡!!!

エロすぎて変態すぎて、クリ先ピクンピクンッてするぅ♡!!!

 

 

「私は、バスに乗ってもなお、肉豆のことしか考えられない変態クリオナニストです。どうか、みなさんもいる車内で盛大にお豆アクメさせてください。」

 

ゾクゾクゾクッ♡

もう・・・もう限界・・・クリ限界・・・クリ先が刺激を求めて、チンポみたいにぱんっぱんに張り出してる・・・。

クリちんぽぉ・・・クリトリスおちんぽ、卒倒するくらい高速でシゴキ倒したいっ・・・。

おちんぽみたいに芯通ったクリトリス、ほんとに女の子のおちんちんみたい・・・♡

おちんぽシゴキたい・・・おちんぽシゴキたいぃ・・・っ♡♡♡

 

 

運転手にミラーで見られませんように・・・運転手にミラーで見られませんように・・・♡

そろりそろりと、パンツの前クロッチを横にずらして、バスの中で生クリトリスを露出させる。
外気に触れさせた瞬間、ほわぁっ♡と白い湯気が出るんじゃないかというくらい、パンツの中が熱をおびて湿っていました。

 

 

ちょっとだけスカートをまくりあげてみた。

開脚した足のあいだから、大陰唇のあいだにそそりたつクリ勃起が丸見え♡

上から見ると、おまんこからミニおちんぽがむくりと勃ち上がっているみたいだった。

 

いやぁ〜〜〜ん♡ 女の子おちんちん飛び出してるっ♡ 女の子のハミちん♡

いや・・クリがハミだしてるから、ハミクリ♡

ああ・・・ハミクリ、ハミクリ、ハミクリ〜〜〜♡

 

あの左斜め前のサラリーマンさんの後ろで、盛大にハミクリアクメ、キメたいなぁ・・・っ♡

ずっとスマホで動画みてるから、きっと後ろは振り返らないよね・・・♡

ハミクリトリス、クリちんぽ扱いでごっしごしに擦り上げてイキたいぃ〜〜〜〜っ♡!!

 

自分のあられもないハミクリ姿に、もう本当にクリいじり我慢ができなくなった私は、極上クリシコオーガズムへの体勢を整える。

まずは席移動。運転手さんの目線がこっちを向かないのを確認してから、すすすっと左の席に座る位置をスライド。

移動するときも、クロッチは横にズレてハミクリしたままだけどね♡

 

そして、運転手もこっちをとくに気にしてない、そしてサラリーマンが私の移動に気がつかなさそうなのを確認してから・・・

また、カパァッ♡とおまたを開脚オープンします♡

クリトリスの側面が、バスの窓から入ってくる外の風を、帆のように受けています。

 

 

サラリーマンさん、見て・・・私の、エロハミクリ。

あなたの背中のすぐ後ろで、こんなにハミ豆おっ立ててビックンビックンさせてるんだよ?

まさか私がクリトリスビンビンに勃起させて、露出クリの側面で風を受けているなんて、きっと夢にも思わないでしょうね。

 

公共交通機関って、そういう場所じゃないもんね・・・。クリ見せしてるなんて1ミリも思わないよね・・・♡

そんな公共交通機関のなかで、私、自前の豆を露出してるんだよ・・・♡

エロ豆露出・・・♡

豆見せしてるの・・・♡

自慢のドスケベ豆なの・・・♡

 

腰をサラリーマンの方向に突き出して、脳内をクリ淫語で満たしていたら、クリシコ欲求が下半身を支配しました。

 

両手で・・・シゴキ倒したい・・・♡

両手でおちんぽ掴んでシコシコおなにーするみたいに、クリの両側面、指でしっかりおさえて、すばやく上下に動かしながらクリズリしたいっ・・・♡

 

私は両手を、手刀のような形にして、人差し指側をぐっとクリトリスの側面に当てました。

両手でクリサンドしているような状態。真ん中では、圧迫されたクリ亀頭が、真っ赤になってその存在を主張しています。

 

シゴキます。クリトリスという名の、女の子おちんちん。

両側のクリ側面、ゴシゴシします。

興奮で、脳味噌とクリトリス本体、おかしくなりそう。

公共交通機関で、自宅でもやらない、超高速・エロクリシコ摩擦。

いきます。いきますよ。

 

 

 

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

「っっ!!!っっ!!!っっ!!!ぎぃッ・・・!!!」

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

 

一気に超絶快感がクリを一点集中で襲ってくる。

あまりのクリ快感に、ぐるん、と目が白目になる。

一心不乱に、クリサンドした両手を上下に超・高速マンズリ。

 

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

「ほぉっ、ぉっ、っ、っ、・・・・!!!・・・っ!!!!!!」

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

 

明らかに両手が股間に伸びており、肩から下が激しく上下しているので、誰がどう見ても股間摩擦のクリちんぽオナニーしてるのは明らかです。

 

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

「クリぃ、クリっ、クリ、クリクリクリクリシコシコシコシコシコシコクリシコクリシコくりしこくりしこぉぉぉっ・・・!!!!!!!!///」

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

 

乗客と運転手に聞こえないような小さな声で、うわごとのようにクリシコ、クリシコと繰り返してしまいました。

 

ああぁ〜〜〜バスでクリシコッ♡ バスでクリシコッ♡♡ バスでクリシコッ♡♡♡♡♡

もうクリシコバレてもいいのっ!!もういいっ♡!!!

もうクリの側面擦りまくることしか考えられないっ!!!!!!

側面ギュッてして、クリ亀頭のくびれコリコリコリコリコリッてすることしか考えられないっっっ!!!!!!!!!!

あっもうガニ股になるっ!!!♡ クリコシしながら、だんだん背中が座席に沈んできて、寝た姿勢のままガニ股でクリ突き出したまま!アヘ顔で擦り上げちゃうっ!!!!♡

 

 

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

「シコシコシコシコシコシコ・・・シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・シコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・シコシコシコシコシコシコシコシコシコ・・・」

シコシコシコシコッ!!!!!シコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!
クリクリクリクリクリクリクリクリシコシコシコシコシコシコシコッ!!!!!

 

 

あっ、シコシコクリちんぽがイク。クリのくびれがイキそう。

クリの両面クる。クリの両面くるっ!!!!!

側面イキするっ!!!クリ幹で側面イキするぅうううううううううっっっ♡♡♡♡♡

あ〜〜〜〜〜クるクるクるクるクるっ!!!!!!公共交通機関のなかでクリイキする〜〜〜〜〜〜っ♡♡♡♡♡

何も知らない人の背中にクリ見せ付けるようにしてバスの中でエロクリ限界イキするぅぅぅ〜〜〜〜っ!!!!!♡♡♡♡♡

あっあっあっ!!!!!あぁあぁぁああああああああああイグゥゥウウウウウ♡♡♡♡♡

 

 

シコシコシコシコビクビクビクッッ!!!!!ビックン!!ビックン!!ビクビク!!!!!

 

「お”っ、ぉ”、お、お”、おぉっ、ぉ、ほ、ぉ、お、おほぉっ、ほぉぉお〜〜〜〜〜〜〜ーーー・・・・・・・・・・・・・・・・・・♡」

 

ビックン!!ビックンビクン!!ビックンビックン!!ビックン!!ビックンビクン!!!!

 

ビクンっ・・・ビクンっ・・・ヒクヒクンッ・・・・

 

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

 

・・・あぁは〜〜〜〜〜〜・・・・スッゴク・・・・・気持ち・・・・よかったぁぁぁああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♡♡♡

もぉ・・・公共交通機関のなかで突き出しクリオナイキ、クセになっちゃうよぉ・・・♡

もぉ〜〜〜、変態、変態、変態!

あ〜もぉ、どうしよぉおお・・・♡

 

 

プシューーーー

「次は〜◎◎に止まります。◎◎に止まります。」

 

 

・・・ん?◎◎?

ってことは・・・

 

えーーーっ!うそっ!!!

私、乗り過ごしちゃってるよ〜〜〜!(泣)

 

一心不乱にクリオナしてて全然気がつかなかったよぉ・・・。

はぁ・・最悪。この時間だったらもう、次のバス停で降りて、歩いて帰るしかないじゃん。

 

・・・でもまぁ・・・グッショグショになったパンツをおまんこに感じながらお散歩するのも・・・悪くない、か♡

途中で、クリトリス触りながら歩いても大丈夫な道があったら、こっそりお豆に指当てちゃお・・・♡
あっ、なんか、歩くの楽しみになってきたかも。

ふふっ、変態でよかった♡

 

fin.